社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

第1号被保険者(だいいちごうひほけんしゃ)

国民年金の第1号被保険者には、日本国内に住む20歳以上60歳未満の方が該当します。

ただし、会社に勤務するサラリーマンやOLなどの会社員は厚生年金の加入者(第2号被保険者)となるため、国民年金の第1号被保険者とはなり…

»詳細を見る

第2号被保険者(だいにごうひほけんしゃ)

国民年金の第2号被保険者とは、厚生年金や共済組合に加入している被保険者のことをいいます。具体的にいえば、会社に勤めるサラリーマンやOLは厚生年金の被保険者となり、公務員等は共済組合の組合員となるのです。

»詳細を見る

第3号被保険者(だいさんごうひほけんしゃ)

第3号被保険者とは、第2号被保険者(会社員や公務員等)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者のことをいいます。この第3号被保険者のことを被扶養配偶者といいます。

ただし、配偶者であっても年収が130万円以上ある場…

»詳細を見る

遺族基礎年金(いぞくきそねんきん)

遺族基礎年金とは、国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したときにその遺族に対して支給されるものです。

ただし、保険料の納付状況が問われることになります。その死亡した者…

»詳細を見る

寡婦年金(かふねんきん)

寡婦年金とは、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしているにもかかわらず、受給する前に死亡してしまった場合、その死亡した者の妻に支給されるものです。

老齢基礎年金の受給資格期間を満たすためには、保険料を25…

»詳細を見る

国民年金基金(こくみんねんきんききん)

年金制度というのは、2階建ての仕組みとなっており、厚生年金に加入している会社員は1階部分(国民年金)に加え、2階部分(厚生年金)が上乗せされる仕組みになっています。しかし、自営業者などの第1号被保険者は、1階部分…

»詳細を見る

死亡一時金(しぼういちじきん)

死亡一時金とは、国民年金の第1号被保険者が保険料を納付している者が死亡した場合、保険料の掛け捨て防止のために遺族に支払われるものです。

死亡一時金が支給されるためには、死亡前に保険料を支払った期間が実…

»詳細を見る

障害基礎年金(しょうがいきそねんきん)

障害基礎年金は、被保険者もしくは日本国内に住む60歳以上65歳未満の被保険者であった者が、ケガや病気をしたために初めて医師の診療を受けた日(初診日)から1年6カ月を経過した日(その期間内に病気やケガが治った場合はそ…

»詳細を見る

老齢基礎年金(ろうれいきそねんきん)

老齢基礎年金は、高齢期の所得保障として65歳から支給されるものです。その支給を受けるためには、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間とを合わせて25年以上あることが必要となります。

老齢基礎年金の額は、…

»詳細を見る

国民年金保険料(こくみんねんきんほけんりょう)

年金制度の財源とするため、第1号被保険者は国民年金保険料を納付する義務があります。国民年金保険料は全国一律で月額が定められており、平成17年度(月額13,580円)から毎年度280円ずつ引き上げられ、平成29年度以降の保険料は月額16,900…

»詳細を見る

前納(ぜんのう)

国民年金の第1号被保険者は、将来の一定期間の国民年金保険料を前納することができます。

前納には割引制度があるため、まとめて納付するとその分お得になります。平成20年度の国民年金保険料の場合、年額は172,920円です。…

»詳細を見る

追納(ついのう)

追納とは、国民年金保険料の納付を免除されている期間があった第1号被保険者について、後日その免除された国民年金保険料を納付することをいいます。

たとえば、経済的な事情によって、本来の国民年金保険料の納付…

»詳細を見る

納付免除(のうふめんじょ)

経済的な事情等で国民年金保険料を納付することが困難な場合には、その納付が免除される制度があります。法律上、当然に国民年金保険料の納付が免除される場合と、その者の申請により保険料の納付が免除もしくは猶予さ…

»詳細を見る

付加保険料(ふかほけんりょう)

国民年金の第1号被保険者は月々の国民年金保険料のほかに、付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされて支給されることになります。付加保険料は月額400円です。付加年金額は200円×付加保険料の…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.