社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

休業手当(きゅうぎょうてあて)

休業手当とは、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合において、その休業期間中の所得保障として労働者に支払わなければならないものです。

使用者の責に帰すべき事由による休業とは、会社側の都合によって労…

»詳細を見る

休業補償(きゅうぎょうほしょう)

休業補償とは、労働者が業務上の負傷または疾病にかかり、その療養のために労働することができない休業期間中の所得保障として、使用者が支払わなければならないものです。これは、労働者が業務上の負傷や疾病にかかっ…

»詳細を見る

最低賃金(さいていちんぎん)

最低賃金とは、最低賃金法に基づいて定められた最低限度の賃金のことをいい、使用者はその最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければなりません。たとえ、労働者と使用者の双方の合意のもとに最低賃金を下回る額を…

»詳細を見る

ストック・オプション(すとっく・おぷしょん)

ストック・オプションとは、企業が役員や従業員に対して、あらかじめ定められた価格(権利行使価格といいます)で、企業の株式を購入できる権利を付与する制度のことをいいます。

この権利を付与された役員や従業…

»詳細を見る

チェック・オフ(ちぇっく・おふ)

チェック・オフとは、使用者が労働者に支払う賃金から労働組合費を天引きすることをいいます。

このチェック・オフは、使用者が労働組合から委託を受けて行い、天引きされた労働組合費は、使用者が一括して労働組…

»詳細を見る

賃金(ちんぎん)

労働基準法において賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう、と規定されています。つまり、労働の対償として支払われているものである…

»詳細を見る

賃金の支払5原則(ちんぎんのしはらいごげんそく)

賃金の支払い方法については、「賃金の支払い5原則」といって、5つのルールが定められています。

1つめは、「通貨払いの原則」です。しかし、例外として労働協約に別段の定めがある場合は現物支給することができます…

»詳細を見る

平均賃金(へいきんちんぎん)

たとえば、使用者が労働者を即時解雇する場合、30日分以上の解雇予告手当を支払わなければならないと規定されています。この解雇予告手当の支給額は、この平均賃金を用いて算定することとされています。

原則として…

»詳細を見る

割増賃金(わりましちんぎん)

時間外労働や休日労働、深夜業に対しては、所定の割増率によって計算された割増賃金を支払わなければなりません。これは過重な労働に対する労働者への補償を目的としたものとなっています。

割増賃金の額は、通常…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.