社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士資格を取得後も実務経験がない場合の就職は難しいでしょうか

一般企業においてはその資格を必要とする部署に欠員がある場合や、大量の退職者が予定される場合を除いては資格取得者であるというだけで採用されることはないでしょう。また、たとえ欠員や退職予定者のために人材募集があったとしても、資格と共に即戦力となるだけの実務経験が求められます。

社会保険労務士資格の持つ性格から推し量っても理解できますが、資格取得に必要な知識がいかに膨大な量であっても、その資格がなければ業務遂行が不可能となる企業或いは部署に、実務経験を問われることなく就職出来る強力なコネがある人などよほど幸運なケースを除けば、就職の条件としては全く役に立たない資格であるといっても過言ではありません。

社会保険労務士試験には受験資格が設けられ、その資格要件を満たせない人と比較して、要件を満たせる人すなわち学歴が高い、他の国家試験に合格しているなどの点をみても、就職に際して社会保険労務士の資格を標榜する必要がない優位性があるからかもしれません。

また、一般の求人と比べれば格段にその量は少ないとはいえ、社会保険労務士法人や開業社会保険労務士事務所或いは、他士業との合同事務所において社会保険労務士部署に就職することも出来ますが、社会保険労務士の資格にこだわることなく一般の求職者として企業に就職する事を選択肢に加えることも必要です。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.