社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士の開業資金としてはいくらぐらい必要でしょうか

自宅を事務所として使用するのか、自宅以外で別に事務所を開設するのかで費用については大きく違ってきます。

事務所を考えに入れず最低限必要な開業資金としては、実務経験のない人の場合、試験に合格して「労働社会保険諸法令関係事務指定講習」の受講料7万円と面接指導課程の講習会場までの交通費、宿泊費。修了証書を得て登録の手続きの際登録申請手数料3万円と登録免許税3万円。住所地の社会保険労務士会への入会金、開業社会保険労務士の場合、各都道府県の社会保険労務士会で異なっていますが概ね10万円、会費は入会月によって月割りで徴収しているところが多く概ね月額7000円~8000円、その他政治連盟費として年間一括で4000円~6000円が必要です。

合格後「労働社会保険諸法令関係事務指定講習」を受け、登録の完了までに絶対に必要となる金額が30万円前後です。面接指導課程の講習会場から自宅が遠い場合、講習会場の近くに宿泊するなら3泊分の宿泊代や食事代なども加算しなければいけません。

講習期間中は社員なら有休を使う方法もありますが、パートやアルバイトの人は欠勤をしなければならず収入が減ることも考えておかなければなりません。

しかも、登録が済めば営業活動のために、徽章や名刺など細々としたものが必要となり、それ以外にも思いがけない出費があるかもしれません。それらを考慮に入れ最低でも40万円と十分な収入を得ることが出来るまでの生活費も準備しておきたいものです。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.