社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士事務所への就職は難しいのでしょうか

社会保険労務士事務所にも、複数の社会保険労務士がそれぞれの顧問先に業務の提供をする社会保険労務士法人、或いは個人の社会保険労務士事務所、別の士業資格を持つ複数名がそれぞれの専門分野を担当する合同事務所などがあります。

社会保険労務士法人については、複数名の社会保険労務士がそれぞれの得意分野できめ細かな業務展開ができ、事務所におけるその他の補助事務に携わる人員を共同で雇用することもできます。単独で人数分の事務所を開設することに比べれば、同程度の負担でより立地条件の良い場所に事務所を開設することも可能です。

2003年の司法制度改革で、従来個人開業しか認められていなかった社会保険労務士にも法人格が認められ、今後も増えていく開業形態であると考えられます。これらの法人の中には業務の拡大に伴い社会保険労務士の有資格者を必要としているところも多くあり、複数名いる社員から実務や営業のノウハウを教わりながら業務に習熟していくことが出来ます。

また、個人で開業している事務所においても同様に有資格者を求めているところもあります。しかし有資格者で就職を希望している人数から見れば極めて狭き門といわざるを得ません。社会保険労務士としての確固たる信念や仕事に対する情熱を余すところなく伝え、社会保険労務士として頑張る姿勢を評価してもらうことが出来れば、狭き門も開かれ難なく通過できるかもしれません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.