社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士試験と地方公務員試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

初級と中級に分けられている地方公務員の試験については、多くの自治体で年齢制限を設けています。初級試験においては高校3年間で学習すべき主要教科の知識をしっかりと身につけ、誤字や脱字といったケアレスミスを犯さない慎重さと出題傾向の十分な把握ができれば、それほど難しい試験ではありません。

上級試験については大卒が対象であるため相応の学力や一般知識に加え基礎的な法律の知識も求められます。しかし、地方公務員試験は地方行政組織の一員としての一般的な能力を問うものであり、業務の習熟についてはその業務に従事することで深めていけば良いとされ、最初から法律のプロであることや年金・保険のプロであることは求められていません。

一方資格を持ち報酬を得て業務を行う社会保険労務士には関連する法律に対してプロであることが求められます。地方公務員上級試験で問われる法律知識とは比較できない量と質の知識が必要です。社会保険労務士試験の受験資格の一つに国家資格として、地方公務員試験より難易度が高いとされている国家公務員採用Ⅰ種及びⅡ種試験合格した者或いは司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者などがあります。

合格することさえ容易でない前述のような国家資格に合格していても、社会保険労務士の業務を行うには試験をうけて合格しなければなりません。これらから見ても社会保険労務士試験は地方公務員試験よりはるかに難易度の高い試験であるといえます。年齢条件をクリア出来るなら地方公務員として勤務し、人脈を広げてから行政書士や社会保険労務士の資格取得を目指すのも一つの方法です。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.