社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士試験と行政書士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

社会保険労務士試験の受験には学歴や実務経験その他の国家試験合格などの条件が設けられています。一方行政書士試験の受験には何の条件も設けられておらず、学習して知識を身につけさえすれば合格できるか否かは別として誰でも受験できます。

また、社会保険労務士試験を受験する条件の一つに行政書士となる資格を有するものというのがありますが、社会保険労務士の資格取得を目指す人の中には学歴や実務経験などの受験資格を満たせない人が多くいます。その場合短大や大学或いは専門学校に入学し卒業することで学歴の条件を満たす方法と、受験資格に制限のない行政書士試験に合格し社会保険労務士試験に必要な受験資格を満たす方法があります。

また実務経験については少なくても3年間の従事期間が求められ、これらを比べてみれば時間的・経済的な面において行政書士の資格取得が、社会保険労務士試験の受験資格を得るための最短の方法だといえます。また開業にあたっては行政書士資格を併せ持つことで幅広い業務展開が可能になり、行政書士試験に合格してから社会保険労務士試験を受験する人が増えています。

受験資格の一つであることが難易度の上下を示すものではないとはいえ、行政書士の資格取得のために得た知識や法律の習熟度などが、社会保険労務士試験においては基礎の条件にしかなり得ないことからも、社会保険労務士試験が行政書士試験と比較して難易度が上位であることがわかります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.