社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

行政書士が社会保険労務士資格を取得する意味はあるのでしょうか

行政書士が行う業務の中で簡単な書類作成については、資格を持たなくても間単に出来るものが多くあります。また社会保険労務士が行う業務の一部についても然りです。

行政書士については、近年官公署に提出する書類の中には作成に高度の知識を必要とされるものが増えており、そういう書類等を正確かつ迅速に作成することで、また社会保険労務士は労働衛生法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法などの高度な知識をもって業務を行い、どちらの資格も依頼者の権利や利益を守り、行政側の効率的な処理を促すという公共的な側面からもその専門知識が重要視されています。

行政書士として依頼が増え信頼関係を構築していく中で、従業員の労働問題や、雇用保険或いは年金など行政書士の資格では行い得ない業務についての相談を受けるかも知れません。そういう場合社会保険労務士資格を取得していれば、依頼企業にとっては解決が必要な問題すべてを気心の知れた一人の士業に引き受けてもらうことで安心感が生まれます。

そして問題を誠実に解決することでより深い信頼関係ができ、新規の依頼に繋がる可能性も秘めています。その意味で社会保険労務士の資格を取得しておけば行政書士の資格だけでは難しい業務の広がりを期待することができます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.