社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士の他に資格を取得する場合、どのような資格と組み合わせると良いのでしょうか

社会保険労務士資格単独で行うことの出来る業務は、労働関係や社会保険関係に限定されています。すべての国家資格を取得していれば組合せにふさわしいものを選択する必要もなく、資格を持って行うすべての業務を行うことが出来ます。しかしそれは一般的に不可能です。

ではどのような組合せが考えられるかと言いますと、企業が行政に提出する書類の作成などを手がけることの出来る行政書士の資格、社会保険や給与計算も含めその企業の財務全体をサポートできる税理士の資格、登記業務が出来る司法書士の資格、或いは個人依頼で年金の相談を受けその資産運用まで踏み込んでアドバイスできるフィナンシャルプランナーの資格、その他にも様々な組合せが考えられます。

開業してどういった分野に特化して業務を進めるかで組み合わせて役に立つ資格は違ってきます。前述の資格の中でフィナンシャルプランナーを除く資格については、難易度としてもかなり高くなりますから、社会保険労務士の資格取得に費やすのと同じ位の時間とお金が必要になります。

また登録し開業してからでは、受験のための学習時間を確保する必要から依頼件数を抑えなければならなくなり、依頼者の信頼を損なう事態も考えられます。社会保険労務士試験に合格すれば登録に期限はありませんから、別の資格試験に合格してから登録しても決して遅くありません。むしろ他の資格取得の学習をメインに考えているならその間会費などの負担を減らすことが出来ます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.