社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

資格を取得された方は、その後社会保険労務士を専業とされている方が多いのでしょうか

社会保険労務士試験に合格しただけでは社会保険労務士としての業務を行うことは出来ません。業務を行うには全国社会保険労務士連合会に登録をしなければならず、この登録手続きをする為には住所地の社会保険労務士会に入会しなければなりません。

労務士会によっても開業か勤務かによっても違ってきますが、開業で登録する場合入会金や年会費、徽章(バッジ)などで概ね20万円程度、住所地の社会保険労務士会を経由して行われる全国社会保険労務士連合会登録のための費用は、事業費として1万8千円人件費相当分として9千円管理費相当分として3千円の計3万円と収入印紙で納付する登録免許税3万円の合計6万円となっています。

毎年4000人前後の合格者のうち登録した人の約2/3は独立開業或いは社会保険労務士法人で業務を行い、残りの約1/3は会社の総務・人事などの部署で社会保険労務士の資格を活用して働いています。

社会保険労務士を専業として独立する場合には、広い人脈を持つ人を除いてまず依頼者の開拓すなわち営業力が求められます。企業や個人に対して積極的な広報活動を行い、社会保険労務士に業務を依頼することのメリットについて誠意を持って説明することが出来れば、依頼が入る可能性は大きくなり、依頼者への誠実な対応や確かな業務内容が次の依頼者に結びついていきます。

しかし、社会保険労務士の資格だけでは依頼者の多様なニーズに応えきれないのも実情です。個別労働関係紛争解決の代理人となることが出来る特定社会保険労務士の資格を取得しておけば企業からの依頼増加も見込めます。またフィナンシャルプランナーの資格を取得し、依頼者の年金に関する相談をより発展させ資産運用のコンサルティングができれば個人依頼者に対する業務の幅も広がります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.