社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士の試験勉強にはどのような参考書が役に立ちますでしょうか

雇用情勢の不安定が社会現象になり、資格の重要性が注目されています。資格取得のための参考書も数多く出版されており、真面目に資格取得を目指そうとする人にとっては多くの選択肢が与えられています。

法学系の知識のある人や実務経験のある人或いは全く違う分野の知識や経験しか持っていない初心者とでは、選択する参考書に違いがあってもおかしくありません。しかし市販の参考書は全部で8科目ある試験科目ごとに編集されたものは少なく、労働・労働保険と社会保険との大きな分類で編集されたものが殆どです。

科目ごとの編集であれば法学知識のある人や実務経験のある人は、その不足する知識を補うための参考書を選択できますが、大きな分類では取捨選択の余地はありません。ただ、社会保険労務士試験のために必要な知識がすべて網羅された参考書で学習することは、今まで蓄積してきた知識や経験が、試験の合格に必要な量と質であるかを検証する為には有用かもしれません。

また一般の書店に置かれている参考書ならどれを選ぶにしても、説明文の書き方や重要項目の取り上げ方などに多少の違いはあるものの、全体としての内容に大きな差はありません。ですから初心者の場合はいろいろな参考書を見比べ、難解な言い回しでなく平易な表現で親切な説明がされている参考書を選ぶことが、根気強く学習を続けるためには大事なことだと思います。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.