社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

OJT/OFF・JT(おーじぇいてぃー/おふじぇいてぃー)

OJTとは、新入社員等に対し、職場内で上司や先輩が現場での仕事を通じて、業務に必要な知識や技術を指導する教育訓練のことをいいます。実務のなかで知識や技術を身につけることができるので、より早く業務を習得することができます。しかし、上司や先輩の能力や意識によって、教育レベルに差が出るなどのデメリットもあります。

一方、OFF・JTとは、新入社員等を現場での仕事から切り離し、職場以外で行う教育訓練のことをいいます。業務に必要な知識やスキルに関するプログラムを作成し、それを受講することによって教育訓練を行います。職場を離れることで、集中して教育を行うことができるうえ、OJTとちがって、均一的な教育レベルが期待できます。しかし、職場以外で教育訓練を行うとなると、外部の研修機関に依頼する必要があるなど、コストがかかるといったデメリットもあります。このOJTとOFF・JTを併用すれば、より効果の高い教育訓練を行うことができます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.