社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インターンシップ(いんたーんしっぷ)

一般的にインターンシップとは、在学中の学生が企業等において一定期間、就業体験をすることをいいます。実習や研修などの就業体験を通じて、学生自身が職業の適性や将来設計について考えることを目的としています。これにより、主体的な職業選択や職業意識の育成を図ることができるといえます。

現在、若年層における採用活動のミスマッチングや離職率の増加が大きな社会問題となっています。これらの問題の解決策として、インターンシップ制度が重要視されており、学生時代に就業体験をすることで、就職後の職場への適応力や定着率の向上が期待されています。

また、企業の現場において就業体験を積むことで、専門分野における高度な知識や技術に触れることができ、学生の仕事に対する意欲を高めることも目的としています。インターンシップ制度は、文部科学省や経済産業省、厚生労働省などの各省において積極的に推進しており、インターンシップを受け入れる企業も年々増加しています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.