社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワークライフバランス(わーくらいふばらんす)

ワークライフバランスとは、働き方の見直しなどにより、仕事と生活の調和を図ることを目的としたものです。かつては、夫が働き、妻は専業主婦という家庭が一般的でしたが、現在は女性の社会参画により、共働きの家庭が増えてきました。

しかし、今までどおりの働き方では、仕事と生活の調和を取ることが難しくなってきており、働く環境を整えていくことが必要となってきています。そこで、ライフスタイルに合った多様な働き方が選択できるよう、社会全体としての取り組みとして、ワークライフバランスが掲げられました。

たとえば、出社や退社の時間を労働者が個々に設定できる「フレックスタイム制」や、1人分の仕事を数人で分け合って労働時間の短縮を図る「ジョブシェアリング」、場所と時間にとらわれない柔軟な働き方ができる「テレワーク」の導入などがあります。一人ひとりが意欲を持って働きながらも、充実した生活をおくることのできる社会が求められているのです。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.