社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワークシェアリング(わーくしぇありんぐ)

ワークシェアリングとは、仕事を分け合うために労働時間の短縮等を行うことをいいます。このワークシェアリングは、雇用の維持や創出を図ることを目的として、労働時間の短縮を行うものであり、「雇用」、「賃金」、「労働時間」の適切な配分を目指すものです。つまり、仕事を分け合うことによって、失業者を救済し、雇用を拡大させるということです。

このワークシェアリングには、いくつか種類があり、「緊急対応型ワークシェアリング」や「多様就業型ワークシェアリング」があります。「緊急対応型ワークシェアリング」とは、生産量が減少し、雇用者数が過剰となった場合において、雇用を維持するための緊急的な措置として、従業員と会社の合意によって、労働時間の短縮とそれに伴う収入の減額を行うことをいいます。

一方、「多様就業型ワークシェアリング」とは、仕事と家庭の両立を図るため、短時間労働や隔日勤務を希望する労働者のニーズと、多様な雇用形態を活用することによって経営効率の向上を目指す会社のニーズが相まって、多様な働き方を適切に選択できるようにすることをいいます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.