社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

職務分析(しょくむぶんせき)

職務分析とは、従業員のそれぞれに課せられている職務について、その仕事内容を洗い出し、職務を遂行する過程において必要となる知識や精神的・身体的能力、精神的・身体的負荷を明らかにして、人事管理などの基礎資料とするために情報を収集することをいいます。

この職務分析には、さまざまな方法があり、代表的なものには「質問法」や「観察法」、「面接法」などがあります。

「質問法」とは、あらかじめ必要な事項について作成した質問表を、職務を行う従業員に記入させる方法のことをいいます。「観察法」とは、職務分析を行う者が従業員の職務に従事する様子を観察して、その仕事内容を確認する方法のことをいいます。「面接法」とは、その名のとおり、職務分析を行う者が直接、従業員と面接して仕事内容を確認する方法のことをいいます。これらの方法によって得られた情報は基礎資料として、配置転換や人事異動、採用、教育訓練などにおいて活用されることになります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.