社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コンピテンシー(こんぴてんしー)

コンピテンシーとは、高い成果を上げる従業員の行動や思考特性のことをいいます。高業績を上げた従業員の行動や思考特性をモデル化して、企業における人事制度に活用すれば、従業員全体の業績を高めることができるであろうとされています。

また、コンピテンシーは優秀な人材の発掘や育成に応用して使われる場があります。高業績を上げた従業員の行動や思考性を指標として、採用や昇格などに活用されることもあり、これをコンピテンシー人事制度といいます。これは心理学の概念を人事管理に応用したもので、ハーバード大学のマクレランド教授によって提唱されたものです。

コンピテンシーは、氷山モデルといって、氷山は水面下に隠された部分が大半を占めるにもかかわらず、目に見える部分はほんの一部であるという考え方がもとになっています。人間の特性もこれと同様とし、目に見える能力ではなく、行動の中に隠された特性を評価することを目的としたものがコンピテンシーです。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.