社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護保険(かいごほけん)

今後、高齢化の進展に伴って、心身の変化に起因する疾病等により、介護が必要となるケースが増加することが予想されます。寝たきりの状態や認知症の高齢者がいる家庭においては、介護する家族の高齢化が進んだり、介護期間が長期化したり、家族による介護だけでは対応が困難になってきているのが現状です。

そこで、入浴や排せつ、食事等の介護のほか、機能訓練や看護等が必要となる高齢者について、保健医療サービス及び福祉サービスを行うため、国民が共同で支え合う保険制度が介護保険です。介護保険の被保険者は、市町村に居住する65歳以上の者(第1号被保険者)、市町村に居住する40歳以上65歳未満の医療保険加入者(第2号被保険者)となっています。なお、医療保険加入者とは、健康保険や国民健康保険、共済組合等に加入している被保険者(または組合員)等のことをいいます。これらの被保険者は健康保険料とともに介護保険料を納付することとなっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.