社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

厚生年金基金(こうせいねんきんききん)

厚生年金基金は、厚生年金の適用事業所が加入する企業年金制度です。従業員の高齢期の所得保障をより手厚く行うことを目的として昭和41年に発足されたもので、厚生年金のみに加入しているよりは有利な給付が行われます。

公的年金は3階建てのしくみになっており、1階部分が国民年金、2階部分が厚生年金、そして3階部分がこの厚生年金基金(上乗せ給付)となります。

本来、厚生年金の運営は国が行っていますが、老齢厚生年金の一部を厚生年金基金が代わって支給することで、企業の実情に応じて独自の上乗せ給付を行うことができるのです。厚生年金基金制度は、企業や業界が厚生労働大臣の認可を受けて、母体企業とは別の法人格をもった厚生年金基金を設立し、運営することができます。

厚生年金基金の設立形態には、企業が単独で設立するもの、グループ会社などの関連企業が共同で設立するもの、同種同業の企業または一定の地域の企業が共同組合等の組織を母体として設立するものがあります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.