社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

任意単独被保険者(にんいたんどくひほけんしゃ)

適用事業所に使用される70歳未満の人は当然に厚生年金の被保険者となりますが、適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の人も一定の要件を満たすことで、厚生年金の被保険者となることができる場合があります。これを任意単独被保険者といいます。

任意単独被保険者となるための一定の要件とは、事業主の同意を得たうえで、社会保険庁長官の承認を受けることをいいます。

任意単独被保険者の保険料は、事業主がその半額を負担し、任意単独被保険者が残り半額を負担して納めることになるため、事業主の同意が必要となるのです。したがって、事業主が任意単独被保険者となることについて同意しない場合は、任意単独被保険者となることはできません。

適用事業所以外の事業所ですから、事業主に同意する義務はありません。なお、臨時に使用される場合(日々雇い入れられる者や2カ月以内の期間を定めて使用される者)など、厚生年金の適用除外に該当する人については、任意単独被保険者となることができません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.