社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

付加保険料(ふかほけんりょう)

国民年金の第1号被保険者は月々の国民年金保険料のほかに、付加保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされて支給されることになります。付加保険料は月額400円です。付加年金額は200円×付加保険料の納付月数によって計算されることになります。

たとえば、付加保険料を20年納付したとすると、200円×20年(240月)=48,000円(年額)となり、40年納付したとすると、200円×40年(480月)=96,000円(年額)となります。付加保険料そのものは、20年納付した場合は96,000円、40年納付した場合は192,000円です。つまり、付加年金を2年間受給すると、その納付した付加保険料額と同額になります。

付加年金は老齢基礎年金と同様に65歳から死亡するまで受給できる終身年金ですから、長生きすればするほどお得な年金となるでしょう。なお、付加年金は定額のため、老齢基礎年金のように物価の変動によって年金額が増減することはありません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.