社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

第3号被保険者(だいさんごうひほけんしゃ)

第3号被保険者とは、第2号被保険者(会社員や公務員等)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者のことをいいます。この第3号被保険者のことを被扶養配偶者といいます。

ただし、配偶者であっても年収が130万円以上ある場合は原則として被扶養配偶者として認められません。また、配偶者が健康保険の被保険者や共済組合の組合員である場合も被扶養配偶者として認められません。この場合は配偶者も第2号被保険者となります。

たとえば、大学生であると同時に第2号被保険者に扶養されている配偶者は、第1号被保険者とはならず、第3号被保険者となります。ただし、20歳以上である場合に限られます。また、第2号被保険者と同様に日本国内に住んでいる必要はなく、海外居住の場合であっても第3号被保険者となります。なお、第2号被保険者が結婚をして配偶者を扶養することとなったときは、第2号被保険者がその勤務する会社に、その被扶養配偶者に関する届け出をしなければなりません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.