社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

第1号被保険者(だいいちごうひほけんしゃ)

国民年金の第1号被保険者には、日本国内に住む20歳以上60歳未満の方が該当します。

ただし、会社に勤務するサラリーマンやOLなどの会社員は厚生年金の加入者(第2号被保険者)となるため、国民年金の第1号被保険者とはなりません。また、その厚生年金に加入している会社員の配偶者(第3号被保険者)も原則として第1号被保険者となりません。

では、どのような方が国民年金の第1号被保険者に該当するのかというと、主に自営業者が該当し、その自営業者の配偶者も同じく第1号被保険者となります。また、学生であっても20歳以上であれば、国民年金に加入する必要があり、この場合も第1号被保険者となります。

しかし、20歳以上60歳未満であっても、すでに厚生年金等(老齢又は退職を事由とするもの)の支給を受けることができる方は国民年金の第1号被保険者とはなりません。なお、国民年金の第1号被保険者となるには、日本国内に住んでいることが条件となるため、自営業者が海外に住んでいる場合は、国民年金の第1号被保険者とはなりません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.