社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

療養の給付(りょうようのきゅうふ)

健康保険の被保険者が業務外の事由によって病気やケガをしたときは、健康保険によって診察や治療を受けることができます。これを療養の給付といいます。

療養の給付の内容には、診察、薬剤又は治療材料の支給、処置、手術その他の治療、居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護、病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護があります。療養の給付を受ける被保険者は、健康保険を扱っている病院に「被保険者証」を提出して、診察や治療を受けることになります。

ただし、70歳から74歳までの方(長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の被保険者等になる方を除かれます)は「高齢受給者証」もあわせて提出しなければなりません。健康保険から療養の給付を受ける場合、そのすべてが保険給付から賄われるのではなく、被保険者にも負担があります。これを一部負担金といいます。この一部負担金の割合は年齢や所得区分によって異なりますが、一般の被保険者は原則として3割負担となっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.