社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

特定長期入院被保険者(とくていちょうきにゅういんひほけんしゃ)

特定長期入院被保険者とは、療養病床に長期入院する65歳以上の者のことをいい、療養病床とは、病院や診療所のベッドのうち、主として長期にわたって療養を必要とする患者を対象としたベッドのことをいいます。

療養病床には、医療保険で費用をまかなう「医療療養病床」と、介護保険で費用をまかなう「介護療養病床」の2種類があります。つまり、医療の必要性の高い患者が「医療療養病床」を利用し、主として介護サービスを必要とする患者が「介護療養病床」を利用することになります。

介護保険法の規定において、介護保険施設に入所する高齢者等には、一定の居住費や食費の負担が義務づけられており、介護保険との均衡を図る観点から、健康保険の特定長期入院被保険者についても一定の居住費や食費の負担義務が義務づけられました。これを生活療養標準負担額といいます。ただし、療養病床に入院する特定長期入院被保険者であっても、医療の必要性の高い場合には生活療養標準負担額は必要ありません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.