社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

高額介護合算療養費(こうがくかいごがっさんりょうようひ)

高額介護合算療養費とは、同一世帯内に介護保険の受給者がいる場合において、1年間(8月1日~翌年7月31日)に支払った健康保険と介護保険の自己負担額の合算額が著しく高額になったときに、その家計の負担を軽減するために一定の自己負担限度額を超えた額が返還される制度です。

健康保険と介護保険のそれぞれの自己負担の割合から自己負担限度額を超えた額を按分し、健康保険からは「高額介護合算療養費」、介護保険からは「高額医療合算介護サービス費」として支給されることになります。ただし、この自己負担限度額は年齢や所得によって異なります。

一般の世帯において、70歳未満の場合の自己負担限度額は89万円、70歳以上75歳未満の場合の自己負担限度額は75万円となっています。ただし、保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象になりません。なお、この自己負担限度額は、平成20年4月1日~平成21年7月31日までに支払った健康保険と介護保険の自己負担額が対象となります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.