社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

全国健康保険協会(ぜんこくけんこうほけんきょうかい)

全国健康保険協会は、健康保険組合の加入者以外の会社員が加入する健康保険事業を運営しています。従来は国(政府)が一括して運営していましたが、地域により密着した健康保険事業を運営するために、非公務員型の法人として平成20年10月に設立されました。したがって、職員は公務員ではなく民間職員です。

全国健康保険協会は、都道府県ごとに支部を設け、地域の被保険者や事業主の意見に基づき、生活習慣病の予防など地域の実情に応じた事業を展開していくことも目的としています。もちろん、医療機関で受診した場合などの自己負担の割合や高額な医療費の場合の負担限度額、傷病手当金などの現金給付の金額など、健康保険の給付の内容は従来どおりです。

ただし、これまで全国一律だった保険料率が都道府県ごとに設定されることになります。都道府県ごとに保険料率を設定した場合、年齢構成の高い都道府県ほど医療費が上がるために保険料率が高くなり、所得水準の低い都道府県ほど同じ医療費でも保険料率が高くなることから、年齢構成や所得水準の違いを都道府県間で調整した上で、地域の医療費を反映した保険料率を設定することとなっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.