社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護休業(かいごきゅうぎょう)

介護休業とは、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」によって定められた労働者の権利です。この法律には、家族の看護を行う労働者が仕事と家庭の両立ができるよう、介護休業や勤務時間の短縮などが定められています。

介護休業が取得できる労働者は、要介護状態にある対象家族を介護する労働者です。「要介護状態」とは、負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたって常時介護を必要とする状態をいいます。「対象家族」とは配偶者、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫のことをいいます。なお、祖父母、兄弟姉妹、孫については、労働者が扶養し、同居している場合に限られます。

労働者が介護休業を取得できる要件は、同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること、介護休業開始予定日から93日を経過する日を超えて、引き続き雇用されることが見込まれることが必要です。介護休業の期間は、対象家族1人につき、要介護状態に至るごとに1回、通算して93日までとなっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.