社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

日雇労働求職者給付金(ひやといろうどうきゅうしょくしゃきゅうふきん)

一定の区域に居住もしくは雇用される日雇労働者のことを日雇労働被保険者といいます。この日雇労働被保険者が失業したときに支給されるのが日雇労働求職者給付金です。

日雇労働求職者給付金を受給するには、失業の日の属する月の前2月間において、印紙保険料が通算して26日分以上納付されていることが必要となります。

印紙保険料とは、日雇労働被保険者特有のもので、支払われた賃金額に応じて1級から3級に分かれています。日給が11,300円以上のときは第1級印紙保険料(176円)、日給が8,200円以上11,300円未満のときは第2級印紙保険料(126円)、日給が8,200円未満のときは第3級印紙保険料(96円)を納付することになります。

日雇労働求職者給付金の額は、この納付された印紙保険料の種類と納付した日数によって決定されます。たとえば、第1級印紙保険料が24日分以上納付されているときは、日額7,500円が支給されることになります。なお、失業の認定は日々その日について行われます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.