社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

所定給付日数(しょていきゅうふにっすう)

所定給付日数とは、基本手当(失業手当)の受給資格者がその支給を受けられる日数のことをいいます。

この所定給付日数は、受給資格者の離職日における年齢や雇用保険の被保険者だった期間(算定基礎期間といいます)の長短によって異なります。また、倒産や解雇によって、退職を余儀なくされた受給資格者(特定受給資格者といいます)である場合も異なります。

一般の受給資格者の場合、年齢にかかわりなく、算定基礎期間が10年未満のときは90日分、10年以上20年未満のときは120日分、20年以上のときは150日分の基本手当が支給されます。一方、特定受給資格者の場合は年齢によっても異なりますが、算定基礎期間も一般の受給資格者と比べて、細かく設定されています。特定受給資格者の場合、算定基礎期間が1年未満であれば、年齢にかかわりなく90日分が支給されますが、算定基礎期間が10年以上20年未満である場合、30歳未満は180日分、30歳以上35歳未満は210日分、35歳以上45歳未満は240日分、45歳以上60歳未満は270日分、60歳以上65歳未満は210日分と年齢に応じて支給日数が異なります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.