社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

傷病補償年金・傷病年金(しょうびょうほしょうきゅうふ・しょうびょうねんきん)

業務上の災害もしくは通勤災害によって、休業補償給付(休業給付)を受けている人が、その支給を受けるためには請求をしなければなりません。しかし、その休業が長期にわたる場合は、1箇月ごとに請求を行うなど、その手続きは煩雑なものです。そこで、一定の要件に該当した場合には、年金として支給しようとするのが、傷病補償年金(傷病年金)です。

傷病補償年金(傷病年金)は休業補償給付(休業給付)とちがって、その年金の請求をする必要がないのです。つまり、傷病補償年金(傷病年金)の受給要件を満たせば、当然に受給できるのです。

傷病補償年金(傷病年金)を受けるための要件は、療養の開始後、1年6カ月が経過した日において、ケガや病気が治っておらず、障害等級1級から3級に該当する必要があります。傷病補償年金(傷病年金)の額は、障害等級1級の場合は給付基礎日額の313日分、障害等級2級の場合は給付基礎日額の277日分、障害等級3級の場合は給付基礎日額の245日分となります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.