社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

障害補償給付・障害給付(しょうがいほしょうきゅうふ・しょうがいきゅうふ)

業務上の災害によるケガや病気が治ったものの、身体に障害が残ってしまった場合に支給されるものが障害補償給付です。なお、通勤災害の場合は、障害給付といいます。

この障害補償給付(障害給付)は、その障害による収入の減額を補填する目的として支給されるものです。障害補償給付(障害給付)は、障害の程度によって、一時金または年金として支給されます。障害等級1級から7級に該当するときは障害補償年金(障害年金)、障害等級8級から14級に該当するときは障害補償一時金(障害一時金)となります。

支給額は、障害等級1級の場合は給付基礎日額の313日分、障害等級7級の場合は給付基礎日額の131日分が年金として支給され、障害等級8級の場合は給付基礎日額の503日分、障害等級14級の場合は給付基礎日額の56日分が一時金として支給されます。また、障害が残ってしまったために自宅を改築するなどの必要性が生じることもため、障害補償年金(障害年金)の受給権のある人については、一時金としてまとまった額を受け取ることも可能です。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.