社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

業務災害(ぎょうむさいがい)

業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡のことをいい、業務上の災害が認定されれば、労災保険より保険給付が行われることになります。

なお、この業務上外の認定は、労働基準監督署が個々の事例によって判断することになっています。この業務災害の認定を受けるためには、その災害について業務遂行性と業務起因性の双方が認められる必要があります。

労働者の業務に伴う行為、事業場の施設または設備の管理状況などが原因となって発生するものは、特段の事情がない限り、業務災害と認められますが、労働者が就業中に私用(私的行為)を行ったり、業務を逸脱する恣意的行為をしたり、それらが原因となって災害を被った場合は業務上とは認められません。

たとえば、休憩時間中であっても、その災害が事業場の施設の不備によって生じたものであれば、業務上の災害として認められます。また、業務上の疾病については、業務との間に相当因果関係が認められる必要があります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.