社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

作業環境管理(さぎょうかんきょうかんり)

労働者の健康を確保するためには、作業環境を適切に管理する必要があります。事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、一定の規定に基づいて必要な作業環境測定を行い、その結果を記録しておかなければなりません。

作業環境測定とは、作業環境の実態を把握するための空気環境その他の作業環境について行うデザイン、サンプリング及び分析(解析を含む)のことをいいます。たとえば、粉塵を発散する屋内作業場においては、6カ月以内ごとに1回、空気中の粉塵の濃度を測定しなければならず、また、著しい騒音を発する屋内作業場においては、6カ月以内ごとに1回、騒音レベルの測定を行わなければなりません。

これらの作業環境測定の結果、労働者の健康を保持するために必要があると認められるときは、事業場の整備や健康診断の実施など、適切な措置を講じなければなりません。また、事業者は労働者の健康に配慮して、労働者の従事する作業を適切に管理するように努めなければなりません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.