社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)

有給休暇の制度は、法律によって定められた労働者の権利であり、心身の疲労の回復や労働力の維持培養を図ることを目的としたものです。

有給休暇が付与されるためには、一定の要件に該当する必要があります。入社日から起算して6カ月間継続して勤務し、その全労働日の8割以上を出勤している労働者に与えられるものです。この要件に該当すれば、入社から6カ月が経過したときに10日分の有給休暇が与えられます。

その後も継続して勤務していると年数に応じて有給休暇の日数が増えていきます。6カ月が経過し、さらに1年が経過したとき(入社から1年6カ月後)には11日分、2年が経過したとき(入社から2年6カ月後)には12日分の有給休暇が与えられます。ただし、上限は20日分までと決まっています。

また、パートやアルバイトといった短時間労働者にも有給休暇の権利は当然に発生しますが、この場合はその所定労働日数に比例した日数の有給休暇が与えられることになります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.