社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

懲戒解雇(ちょうかいかいこ)

懲戒解雇とは、労働者の責に帰すべき事由によって解雇される制裁の一種です。制裁のなかでも最も重い懲罰がこの懲戒解雇といえます。

労働者の責に帰すべき事由とは、労働者の重大な過失によって業務を妨害した場合や、社内の金品の横領などの犯罪行為が行われた場合が該当します。また、長期にわたる無断欠勤なども労働者の責に帰すべき事由に該当します。

このような事由によって、企業の秩序を違反する者に対し、懲戒解雇とすることができるのです。しかし、労働者の責に帰すべき事由があるからといって、使用者は自由に懲戒解雇できるというものではありません。懲戒に関する事項は、就業規則等において定めておく必要があり、どのような事由が懲戒解雇に該当するのかなど、具体的に定めておかなければならないのです。

もちろん、その就業規則は労働者に周知されている必要があります。また、懲戒解雇の場合は、解雇予告や解雇予告手当は不要ですが、あらかじめ労働基準監督署長の認定を受けなければなりません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.