社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

打切補償(うちきりほしょう)

労働者が業務上で負傷したり、疾病にかかったりした場合において、使用者はその療養に必要な費用を負担しなければなりません。なぜなら、業務上の負傷や疾病については使用者に責任があるからです。

その療養の補償を受けている労働者が、療養開始後3年を経過しても負傷または疾病が治らない場合においては、平均賃金の1,200日分を支払うことで、その後の補償を免れることができます。この1,200日分の平均賃金のことを打切補償といいます。

本来、業務上の負傷や疾病にかかった場合、その療養のために休業する期間は労働者保護の観点から解雇することができません。これを解雇制限といいます。しかし、労働者の休業が長期化すると使用者の負担も大きくなります。そこで、一定の条件のもとで、解雇制限を解除できるようにしたものが打切補償です。療養開始後3年が経過し、平均賃金1,200日分を支払うことで、その後、使用者が負うすべての責任について免れることができます。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.