社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ストック・オプション(すとっく・おぷしょん)

ストック・オプションとは、企業が役員や従業員に対して、あらかじめ定められた価格(権利行使価格といいます)で、企業の株式を購入できる権利を付与する制度のことをいいます。

この権利を付与された役員や従業員は、株価が上昇して権利行使価格を上回った時点において、自社の株式を取得し、売却することができます。つまり、株価が上昇した分の報酬が得られるという一種の報酬制度となっています。したがって、株価が上がれば上がるほど、役員や従業員の得られる利益も大きくなるということです。

ストック・オプション制度は、企業の業績アップに連動して株価が上昇することから、この権利を付与された役員や従業員の株価に対する意識が高まり、その結果、役員の経営努力や従業員の勤労意欲が促進されるといったメリットがあります。また、このストック・オプションにより得られる利益は労働の対償として支払われるものではないので、いわゆる賃金には該当しません。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.