社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

休業補償(きゅうぎょうほしょう)

休業補償とは、労働者が業務上の負傷または疾病にかかり、その療養のために労働することができない休業期間中の所得保障として、使用者が支払わなければならないものです。これは、労働者が業務上の負傷や疾病にかかった場合、使用者には労働者に対して災害補償を行う責任が生じるためです。

休業補償の額は、平均賃金の60%とされています。この休業補償は労働基準法の規定によるものですが、労働者災害補償保険法(いわゆる労災保険)の規定による休業補償を受けられる場合、使用者は労働基準法の規定による休業補償は免れることになります。つまり、労災保険に加入している場合は政府から休業補償給付が行われるので、使用者は休業補償の額を負担する必要がなくなるのです。

しかし、労災保険は休業の3日目まで(待期期間)は支給されないので、その休業の最初の3日間は労働基準法の規定により休業補償を行う必要があります。したがって、休業の最初の3日間は、使用者が平均賃金の60%を支払わなければならないということです。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.