社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

専門業務型裁量労働制(せんもんぎょうむがたさいりょうろうどうせい)

「専門業務型裁量労働制」とは、業務の性質上、その業務遂行の方法や手段、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務として厚生労働省令及び厚生労働大臣告示によって定められた業務の中から、対象となる業務を定めて、実際にその業務に労働者を就かせた場合に、あらかじめ定めた時間を労働したものとみなす制度です。

対象となる業務について、厚生労働省令で定めるものには「新商品、新技術の研究開発、人文科学、自然科学に関する研究の業務」、「情報処理システムの分析または設計の業務」、「新聞・出版事業における記事の取材、編集の業務、放送番組の制作のための取材、編集の業務」、「衣服、室内の装飾、工業製品広告等の新たなデザインの考案の業務」などがあり、厚生労働大臣告示によって定められた業務には、コピーライター、システムコンサルタント、インテリアコーディネーター、証券アナリストなどがあります。

この専門業務型裁量労働制を導入するには、労使協定によって労働者に就かせる業務や労働時間として算定される時間をあらかじめ定める必要があります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.