社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

休日(きゅうじつ)

使用者は労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければなりません。例外として、変形休日制を採用することもでき、この場合は4週間を通じて4日以上の休日を与えればよいということになります。この休日を法定休日といいます。

休日は週1回もしくは4週間のうち4回与えられていればよく、日曜日や祝日に限られません。たとえば、毎週月曜日を休日とすることができ、また、日曜日や祝日を労働日とすることもできます。

休日については、労働契約や就業規則などに定めておく必要があります。しかし、労働契約や就業規則などに定められた休日を労働日とすることもできます。その場合、「休日の振替」又は「代休」によって法定休日が確保されなければなりません。

休日の振替とは、あらかじめ休日と定められた日を労働日とし、労働日とされている日を休日とすることをいいます。つまりは、休日と労働日を事前に交換するということです。一方、代休とは、休日労働した後に、その労働日(休日労働)について、別の労働日の労働を免除するというものです。休日の振替の場合は事前に休日と労働日を交換しているので休日労働とはならないため、割増賃金は発生しませんが、代休の場合は休日労働させたことになるので、割増賃金が発生します。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.