社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

1週間単位の非定型的変形労働時間制(いっしゅうかんたんいのひてけいてきへんけいろうどうじかんせい)

1週間単位の非定型的変形労働時間制とは、業務の繁閑が定期的なものではなく、日によって忙しいときがあったり、暇なときがあったり、その繁閑に応じた労働時間をあらかじめ就業規則等によって特定することが困難な場合に採用される制度です。

変形労働時間制のなかでも、この1週間単位の非定型的変形労働時間制だけは業種が定められています。

この1週間単位の非定型的変形労働時間制を採用できるのは、小売業、旅館業、料理店、飲食店のいずれかの業種であって、常時30人未満の従業員を雇う事業所に限られています。この制度を採用することで、1週40時間の範囲内で、1日について10時間まで労働することができるのです。

たとえば、月曜、火曜のいずれも労働時間が10時間であっても、水曜、木曜、金曜、土曜の労働時間を5時間ずつにすれば1週40時間以内におさまることになります(この場合、日曜は休日とします)。ただし、1週間単位の非定型的変形労働時間制を採用する場合、少なくとも1週間が開始する前にその1週間の各日の労働時間を書面で従業員に通知する必要があります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.