社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

社会保険労務士に必要なお金って?

ここでは、社会保険労務士の勉強を始めるときから試験に合格して登録するまでに必要な費用についてお話ししたいと思います。

まず、勉強を始めるにあたっては、独学、通学、通信教育のいずれかを選択することになります。独学の場合、最低限テキストと問題集が必要となりますが、費用は2つ合わせて8,000円~10,000円くらいではないでしょうか。さらに参考書などを購入するとしても15,000円以内にはおさまると思います。また、単発で模擬試験を申し込む場合、各資格スクールにおいて1回の模擬試験は2,000~5,000円といったところが相場ではないでしょうか。

次に通学と通信教育の場合ですが、いずれの場合も一通りの内容(基本講義、問題演習、模擬試験、法改正等)がセットになって20万円前後といったところでしょう。費用面で比較すると、断然独学が安上がりといえます。しかし、通学や通信教育の場合は、必要情報がすべて揃った価格となっています。いずれにおいても、一長一短といったところでしょうか。

そして、肝心な社会保険労務士試験の受験料は9,000円です。少し高く思えるかもしれませんが、ほかの士業(行政書士7,000円、司法書士6,600円、中小企業診断士14,400円)と比較しても、妥当なところかもしれません。

次に、社会保険労務士試験に合格した後に必要な費用について説明します。社会保険労務士の登録にあたっては、2年以上の実務経験が必要となりますが、この実務経験がない場合それに代わる講習があります。これを「労働社会保険諸法令関係事務指定講習」といいますが、この受講料は70,000円です。ちなみに、通信教育(4カ月)と講義(4日間)のプログラムとなっています。2年以上の実務経験が70,000円で手に入ることを考えたら、安いものかもしれません。

最後に、登録にあたっては登録免許税30,000円と手数料30,000円の合計60,000円が必要となります。さらに、社会保険労務士の登録と同時に、各都道府県にある社会保険労務士会に入会することが義務づけられており、入会金と年会費が必要となります。この入会金と年会費は社会保険労務士会ごとに異なりますが、東京都の入会金は開業の場合が50,000円、勤務の場合が30,000円となっており、年会費は開業の場合が96,000円、勤務の場合が42,000円となっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.