社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

企業内社会保険労務士になる

社会保険労務士の中には、独立して開業する社会保険労務士だけではなく、企業内で活躍する社会保険労務士もいます。この場合、人事部や総務部といった部署に所属し、社内における労働社会保険の各種届出の作成・提出、就業規則の作成・変更を中心に行うことになります。企業内社会保険労務士は、経営陣から労務管理に関する相談を受ける一方、個々の労働者から育児休暇や退職に関する相談を受けることもあります。開業社会保険労務士の場合は、直接労働者から相談を受けるということはほとんどないため、企業内社会保険労務士ならではの仕事かもしれません。

企業内社会保険労務士となる最も多いケースとしては、人事部や総務部に所属している方が業務の延長線上として社会保険労務士試験を受験して合格し、社会保険労務士として登録するケースだと思います。

最近では、人事部や総務部で働く社員のスキルアップの一環として、社会保険労務士の資格取得に向けて、さまざまなサポートをしてくれる企業も増えています。たとえば、資格スクールの受講料や本試験の受験料を負担してくれるところもあります。また、合格した場合には、合格祝い金を支給してくれる企業もあります。これはうらやましいですね。

では、人事部や総務部ではない部署から企業内社会保険労務士となるには、どうすればよいのでしょうか。欠員状況等にもよりますが、人事部や総務部へ異動願いを提出するのも有効な手段です。畑ちがいの部署であったとしても、社会保険労務士試験に合格したことをアピールすると、それなりに評価してもらえます。人事部や総務部の方なら、必ずといっていいほど、社会保険労務士の存在は知っていますし、その試験の難しさもご存知のことでしょう。すぐに異動できないとしても、欠員が出た場合に声が掛かるということもあり得ます。

最後に、転職する場合についてお話ししたいと思います。人事部や総務部を狙って転職をお考えであれば、社会保険労務士資格についての世間の評価は高いので、大きな武器となることでしょう。人事部や総務部関連の求人情報などを見ても、「社会保険労務士試験合格者優遇」と記載されていることも多々あります。たとえ、未経験であってもアピール方法によっては、採用につながることも十分あります。

そのためには、人事・労務関連の知識を身につけておく必要があるでしょう。書店に行けば、人事・労務関連の書籍はたくさんあります。まずは、そこから勉強をはじめてみましょう。企業においては、不況の影響から賃金制度や退職金制度の見直しを急務としているところもあり、知識のある社会保険労務士を必要としていることは確かです。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.