社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

独立開業する

社会保険労務士を目指す方の中には、一人になって自分の力を試してみたいとか、一国一城の主になりたいとか、独立開業を目標とされている方も少なくありません。しかし、社会保険労務士の試験に合格したからといって、独立開業して成功するとは限りません。

社会保険労務士は国家資格ではありますが、その資格を持っているだけで仕事が舞い込んで来るものではないのです。ですから、開業をしたら、まずは顧客先を見つけるところからはじまります。これには営業力が必要となることでしょう。電話でアポを取ったり、飛び込み営業をしたりと、地道な営業活動は欠かせません。

独立開業して成功している社会保険労務士の中には、前職が営業マンだったという方も多く、やはり営業力というのは欠かせないものといえます。逆をいえば、営業が苦手な方には開業は不向きといえるかもしれません。

また、現実的な面においては、開業にあたり、ある程度の費用が必要となります。自宅を事務所とする場合は別ですが、事務所を借りるとなると敷金・保証金、そして月々の賃貸料が必要となります。事務所が決まれば、次にパソコン、電話、ファクシミリ、コピー機、デスク、応接セット等は最低限揃える必要があるでしょう。もちろん、名刺や営業用のツール(事務所概要や業務内容等がわかるもの)も欠かせません。また、ガソリン代や交通費といったものもすべて自分の負担となります。これらの費用を積み重ねていくと、かなりの金額になることは確かです。

いくら足をすり減らして営業活動を行ったとしても、すぐに顧客先が見つかるほど甘いものではありませんから、開業前にはある程度の貯金が必要となることでしょう。せめて1年くらいは生活がしのげるくらいの貯えがほしいところです。いつかは開業を目指しているという会社員の方は、今のうちにしっかり貯金をしておくことをおすすめします。顧問先を見つけるまでは大変かもしれませんが、契約に結びつけば毎月顧問料が入ることになるので、安定した収入が期待できることでしょう。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.