社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

スクールと独学のいいとこどりな通信教育

通信教育の講座は、ちょうど独学と通学の中間であるといえます。通信教育の手法としては各社さまざまですが、DVDやビデオで講義を見る場合やテープで講義を聴く場合、最近ではインターネットで講義を見る場合などがあります。大手資格学校においては、通学と同時に通信教育も行っているということがほとんどで、たいていの場合、通学者向けの講義を録画(もしくは録音)したものをDVDやビデオ、テープにして、テキストや問題集の教材(通学者と同様のもの)とともに送られてくることになります。

受講する通信教育の講座を決めたら、送られてくる教材を使って学習していくことになります。科目の進め方は通信教育の講座ごとにスケジュールが組まれており、教材に沿って学習を進めていくことができます。独学の場合とちがって、DVDやビデオ、テープなどで講義を聴くことができるので、一人で黙々とテキストを読むよりは、理解が早いといえるでしょう。

ただし、わからない点があってもすぐに確認することができないといったこともあります。しかし、即答でないにしても、ほとんどの通信教育の講座の場合、質問や相談を受け付けてくれるサポート窓口があるかと思いますので、わからない点も解決することができるでしょう。

内容的には通学の場合とほとんど変わらないことが多いので、しっかり勉強したいけれど、決まった時間にスクールに通えない方や、近くに資格スクールがない地方にお住まいの方に通信教育が向いていると思います。DVDやビデオなら夜中でも見ることができますし、テープなら通勤途中で聴くこともでき、時間を有効に使えるといったメリットがあります。

しかし、いつでも勉強できるからといって、DVDやビデオが山積みになったままの方もいるようです。独学同様、固い意思を持っていないと結局どれも手がつけられなかったということになりかねませんので、しっかりスケジュールを立てて学習を進めるようにしてください。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.