社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

その他多様な社会保険労務士のニーズ

社会保険労務士は人事や労務管理に関する専門家であり、今の日本の企業にとって、なくてはならない存在になりつつあります。それは、企業や労働者を取り巻く環境において、さまざまな問題を抱えているからです。

不況の影響もあって、近年の雇用形態は多様化しており、契約社員や派遣社員、パートタイマーといった形態で勤務することにより、労働条件等についてトラブルの発生することが多々あります。そのようなトラブルにどう対応していくか、適切なアドバイスをするのも社会保険労務士の仕事です。企業と労働者がよりよい関係を構築するためにも、社会保険労務士は重要な役割を担っています。

不況の影響は人件費にも密接に関係しており、まずは人件費を見直すという企業が多いのではないでしょうか。具体的には、労働時間の短縮や労働条件の引き下げ、最悪の場合は人員削減ということもあります。しかし、これらの実施において、法的に相当な理由があると認められない場合は、不当な労働条件の引き下げとなり、トラブルにつながりかねません。やはり、慎重に進めるためにも、社会保険労務士が法的根拠に基づいてアドバイスをする必要があるでしょう。

昨今においては、セクハラやパワハラといった問題も深刻化しつつあります。セクハラやパワハラは問題が起こった後ではすでに遅く、未然に防ぐことが重要となります。企業によっては、社会保険労務士を講師に迎えて、社員教育のセミナーを開催するということもあります。

また、少子高齢化社会に伴い、年金制度について不安を抱える方も少なくありません。年金記録問題により、保険料を払ったにもかかわらず、年金額に反映されていなかったということもありますので、社会保険労務士への相談や請求手続代行が今後も増えることが予想されます。

昨今の問題の一部を取り上げて説明しましたが、このほかにも社会保険労務士が必要となる場面は数多くあり、今後ますます活躍の場は広がることでしょう。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.