社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

開業社労士と勤務社労士の違い

社会保険労務士というと「独立して開業」というイメージが強いかもしれませんが、社会保険労務士の道はそれだけではありません。社会保険労務士には2種類あって、「開業社会保険労務士」と「勤務社会保険労務士」というものがあります。

「開業社会保険労務士」とは、その名のごとく開業している社会保険労務士をいい、独立して事務所を構え、クライアント(顧問先)の各種代行手続きや人事・労務管理に関するコンサルティングなどを行います。

「開業社会保険労務士」のクライアントは、主に中小企業です。なぜなら、中小企業は小規模であるために人事・労務の専門家を抱える余裕がないことが多いからです。専門家を雇い入れた場合の給与と社会保険労務士の顧問料を比較しても、社会保険労務士に依頼するほうが断然安くすみますからね。

また、就業規則の作成等においては何の知識もない経営者が一から作成するとなると、かなりの時間がかかってしまいます。それならば、専門家である社会保険労務士に依頼したほうが精度の高いものが短期間で仕上がり、効率的であるといえます。

一方、「勤務社会保険労務士」とは、企業に勤務しながら社会保険労務士の業務を行う者のことをいいます。この「勤務社会保険労務士」にも2種類あって、社会保険労務士事務所に勤務する場合と一般企業に勤務する場合があります。

前者の業務は、前述の「開業社会保険労務士」と同じくクライアントの各種代行手続きやコンサルティングを行います。後者は、「企業内社会保険労務士」とも呼ばれ、一般企業の人事部や総務部といった部署において、社内における労働社会保険の各種届出の作成・提出、就業規則の作成・変更を中心に行います。

また、経営陣から労務管理に関する相談を受けるといったこともあります。「企業内社会保険労務士」は「開業社会保険労務士」よりも社内の実情を把握しているため、あらゆるトラブルに関し、迅速な対応ができるといった面があります。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.