社会保険労務士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

税理士と何が違うの?

「士業」という言葉を聞いたことはありますか?法律に基づく専門知識のもとに業務の代行を目的とする国家資格です。誰でも知っている士業には弁護士や税理士がありますが、社会保険労務士もいわゆる士業と呼ばれるものです。士業にはこのほか、司法書士、行政書士、中小企業診断士、公認会計士、弁理士などがあります。

では、士業によってどのような違いがあるのか、税理士と比較してみましょう。

税理士の主な業務には、「法人や個人が税務署に提出する書類の作成や手続きの代行」があります。一方、社会保険労務士の主な業務には、「事業主が社会保険事務所や公共職業安定所に提出する書類の作成や手続きの代行」があります。

同じ代行業務ですが、税理士の場合は税金に関わる業務となりますので、個人であっても不動産所得がある場合やフリーランスで仕事をしている場合などは確定申告が必要となるため、個人の手続きを代行することがあります。

一方、社会保険労務士の場合は労働社会保険に関わる業務となりますので、これは事業主に限られます。なぜなら、労働社会保険は個人ではなく事業主に加入義務があるためです。たとえば、雇用保険の資格を取得した場合、個人ごとに書類を作成しますが、これは事業主を通じて行われることになります。なお、この場合の事業主とは、保険の種類によっては、法人だけでなく個人経営の場合も含まれます。

とはいえ、社会保険労務士が個人の手続き代行をしないわけではありません。社会保険労務士が行う個人の手続き代行といえば、最近では年金の請求手続きの代行が多く見られるようになりました。昨今の年金記録に関する問題から、専門家に任せるほうが安心ですからね。このように、それぞれの分野で専門知識を発揮して代行業務を行うのが士業というものです。また、代行業務のように業務独占資格ではありませんが、各分野におけるコンサルティングなども士業において重要な業務となっています。

スポンサード リンク
?社会保険労務士コンテンツ一覧
社会保険労務士に関してよくある質問への私なりの回答
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.